背中のニキビを予防するために一番大切なことはお風呂

背中のニキビを予防するために一番大切なことはお風呂

背中のニキビを予防するために一番大切なことはお風呂です。顔のケアはしっかりしているけど、体は雑に洗っているという方は注意が必要です。背中は自分では見えにくいですが、キャミソールや水着を着たときに他人にはよく見える部位です。お風呂の入り方に気をつけて背中美人を目指しましょう。

 

背中

 

シャンプーとリンスのすすぎ残し

 

背中ニキビの原因で多いのがシャンプーとリンスのすすぎ残しです。

 

シャンプーやリンスを洗い流すとき、背中も流していますか。お湯をかけたときにそのお湯が背中に流れ、そのままにしていると成分が毛穴につまってニキビを悪化させます。洗浄成分が残ると肌に刺激を与えてバリア機能を低下させます。肌の力が低下すると肌を守るために角質が厚くなり、角質で毛穴が詰まりやすくなって、さらにニキビができやすい状態になります。

 

正しいお風呂の入り方

 

髪を洗うときは髪を背中に垂らすのではなく、顔を前に垂らして髪を前に垂らすことで背中にシャンプーやリンスが流れるのを防ぐことができます。髪を前に垂らせば、すすいだときに泡が背中に流れにくいです。髪が長い方は、シャンプー・リンス後に髪を頭の上にまとめて背中に髪がかからないようにしましょう。

 

洗う順番を変えれば背中を清潔に保てます。順番は髪・顔・体です。最初に髪と顔を洗い最後に体を洗えば、背中に残ったシャンプーやリンスの成分を流すことができます。

 

背中を清潔に保とうとするとつい力が入ってしまいますが、ゴシゴシこすらないように洗いましょう。ナイロンタオルでゴシゴシこすって洗うと、肌を傷つけてしまい、乾燥してニキビができやすくなります。ボディーソープをよく泡立てて手で洗うか、天然素材の柔らないボディタオルで洗いましょう。

 

保湿

 

入浴後は保湿ローションやクリームで保湿します。背中のニキビ用の化粧水もあります。背中は顔と違って皮膚が厚く成分が浸透しにくいので、背中専用の化粧品がおすすめです。逆さにして使えるスプレーは手が届きにくい背中でもつけやすいです。