美白を目指すなら、メラニンを排除し、保湿力を高め、汚れをしっかり落とすこと

美白を目指すなら、メラニンを排除し、保湿力を高め、汚れをしっかり落とすこと

美白肌は無敵ですよね。お肌がキレイに見えるだけなく、清楚で純粋な印象もあります。どんなに美白肌になりたくても、自分が生まれもった肌色以上には白くなれないことはセオリーです。この中でも美白肌を目指すに当たっては、いくつかの方法があるようです。

 

 

まずひとつ目は、単純に肌自身の色を白くすること。これは紫外線によって肌に増えたメラニンを、肌から排除することです。これには、メラニン生成細胞に働きかけるビタミンCがその力を持つのは有名です。ビタミンC成分は紫外線に当たるとメラニン生成を引き起こすので、肌につけるタイミングは気を付けてください。また、できてしまったメラニンは肌のターンオーバーで出してやるしかありません。肌の温度を上げたり、古い角質をピーリングOFFしてあげましょう。

 

 

二つ目は、肌の水分量を上げることです。うるおいのある肌は、細胞一つ一つがふっくらとすることで、肌表面がフラットになり、光の乱反射を防いでくれます。影ができにくくなるので、見た目の白さも関係してきます。

 

 

保湿効果のある成分としては、ヒアルロン酸やコラーゲン、ヒト型セラミドがあげられます。それぞれ保湿の機構が違うので、自分の肌に合った成分のものを使ってください。先程あげた美白作用と、保湿作用は、スキンケアのラインでもわかれていることも多いので、化粧水は美白、乳液は保湿などと組み合わせても良いでしょう。

 

 

三つ目は、しっかりと肌の汚れを落としきることです。毎日のメークや、古い角質などは、肌色がくすんでみえる原因です。肌と相談しながら、定期的にピーリングをやりましょう。また、汗をかくことで毛穴が開き、奥の汚れまでしっかりととれます。肌の汚れをしっかりと落とすことで、スキンケア成分も浸透しやすくなるので、その効果も上がるでしょう。

 

 

美白を目指すなら、メラニンを排除し、保湿力を高め、汚れをしっかり落とすことが大切です。いずれも気長に続けることです。