ニキビを治すためにはクリームは重要なアイテム

ニキビを治すためにはクリームは重要なアイテム

ニキビができているときはさっぱり系の化粧品を選んでいませんか。しかし、ニキビケアに必要なのは保湿です。クリームはべたつくから苦手という方もいますが、ニキビを治すためにクリームは重要なアイテムです。

 

クリーム

 

乾燥とニキビの関係

 

ニキビは脂性肌ができるものだと思っていませんか。乾燥肌でもニキビはできます。

 

乾燥肌は肌のバリア機能が低下しているので、肌を守るために角質を厚くします。厚くなった角質で毛穴の出口がふさがれてしまい、少量の皮脂でも毛穴にたまってニキビを悪化させます。脂性肌も実は乾燥しています。皮脂が過剰に分泌されるのは、肌内部の潤いが不足しているからです。不足した潤いを補うように皮脂が過剰に分泌されます。

 

クリームの役割

 

クリームは乳液に比べると油分が多く高い保湿力があります。化粧水や美容液で与えた潤いを閉じ込めてくれます。化粧水などでたっぷり潤いを与えてもフタをしないと蒸発します。化粧水の水分が呼び水となって化粧品を使用する前よりも乾燥がひどくなるケースもあります。そのため、最後にクリームで与えた潤いを閉じ込める必要があるのです。

 

クリームの選び方

 

ニキビを改善するには保湿成分を含んでいるものを使用します。おすすめはセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンです。セラミドは肌の水分保持力の880%を担う細胞間脂質の大部分を構成している成分です。高い浸透力と保湿力があるので特におすすめです。成分をナノ化したヒト型ナノセラミドは、肌の奥に浸透して肌内部を潤いで満たしてくれます。

 

使い方

 

化粧水や美容液で美容成分を与えた後にクリームを使用します。一気につけると浸透する時間がなく肌の上で混ざってしまうので、一つつけたら少し時間をおいて浸透するのを待ちます。頬・顎・額にクリームをおいたら顔全体に優しく伸ばします。こすると肌の負担になるので、肌の上を手を滑らせるように優しくつけます。最後にハンドプレスをして肌に浸透させます。体温が化粧品の浸透をよくします。"