脂性肌のニキビを治すには保湿化粧品が必要

脂性肌のニキビを治すには保湿化粧品が必要

脂性肌の方はニキビができやすいといわれています。

 

日ごろから皮脂で顔がべたつき、過剰な皮脂が毛穴に詰まりやすくなっているため、脂性肌はニキビができやすいのです。

 

脂性肌は皮脂のべたつきを抑えるためにさっぱり系の化粧品を使う傾向がありますが、ニキビを治すためにはさっぱり系ではなく保湿化粧品が必要です。どうして皮脂を抑えるさっぱり系ではなく、保湿系の化粧品が必要なのでしょうか。

 

皮脂が過剰に分泌される原因

 

皮脂が過剰に分泌されるのは乾燥しているからです。肌にはバリア機能があり、外部刺激から肌を守ったり、肌の内部の水分蒸発を防いでいます。肌が乾燥するとこのバリア機能が低下して、肌を守るために皮脂分泌が活発になります。脂性肌の肌表面は皮脂でべたついていますが、肌内部は乾燥した状態になっているのです。

 

さっぱり系の化粧品には刺激になるアルコールが多く配合されていて、さっぱり系の化粧品を使うことでさらにバリア機能が低下して乾燥を進行させることになります。さっぱり系の化粧品を使っても皮脂分泌が治まるのは一時的です。保湿をすれば肌のバリア機能が回復して、過剰な皮脂分泌が治まります。

 

保湿ケアをしよう

 

脂性肌もニキビを治すためには保湿ケアが必要です。ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどの保湿成分を使用した化粧品でケアしましょう。

 

クリームはべたつくから苦手、油分がニキビを悪化させそうと使わない方がいますが、脂性肌でもクリームが必要です。べたつくのは保湿不足だからで、適切な使用量を守ってケアし続けていれば、次第に肌の水分量が増えてバリア機能が回復し、過剰な皮脂分泌が治まります。必要以上に使わなければクリームで毛穴のがつまることはないので、ニキビを悪化させることはありません。

 

化粧水・美容液・乳液・クリームの順番で肌につけます。一つつけたらしばらく時間をおいて浸透するのを待ってください。クリームをつけてからハンどプレスすると浸透がよくなります。"